<スポンサーリンク>


5/14からスタートの5月場所(夏場所)。

怪我で欠場かもと心配された稀勢の里が出場するので4横綱が揃います。

初日を前に、ちょこっとだけサイト管理人の思いを書きますね♪

 

5月場所へ期待すること♪

 

横綱・稀勢の里ファンであるサイト管理人は、ずばり書きます。

5月場所へ期待することは、大きく3つあります。

 

  1. 横綱・白鵬の38回目の幕内優勝。
  2. 関脇・高安が10勝以上をあげて大関昇進を決める。
  3. 横綱・稀勢の里が怪我を悪化させずに15日終える。

 

5/1の投稿では「関脇・高安の優勝」なんて書きましたが、今回、改めて期待としては前掲の3つです♪

 

稀勢の里への期待…

 

おひおひ…と思うかもしれません。

このサイトは「稀勢の里を応援するサイト」なのに、「稀勢の里の優勝は?」と思うかもしれません。

 

本当なら、稀勢の里に休場して欲しかった…。

でも、先代・鳴門親方の教えを忠実に、出場を最優先する稀勢の里ですから、その決定に対して、周りがごちゃごちゃいっても仕方ないですね。

だからこそ…

「でるからには頑張る」ではなく「でるからには怪我を悪化させるな」と思うのです。

 

_/_/

 

稀勢の里ファンとしては、横綱として長く活躍してもらいたい、そう願っています。

だから、怪我をおして無理をすることで貴乃花のようにはなってもらいたくないのです。

そういうこともあって、5月場所は「無事、15日間を終える」ことが一番だと思っています。

10勝でOK、9勝でも8勝でもいい。

それが、ファンとしての本音です。

 

白鵬の復活、38回目の優勝を

 

稀勢の里と同じくらい、白鵬を応援しています。

なので、このところずっと優勝から遠ざかっていた白鵬が心配です。

今の大相撲の興隆は、白鵬を含めたモンゴル横綱たち〜朝青龍を含む!〜のおかげです。

国籍など関係なく、白鵬は最強の横綱です。



<スポンサーリンク>


いろいろマスコミなどにたたかれることも多かったですが、大相撲に対する姿勢や思いには頭がさがります。

白鵬の著書(語りおろし)2冊や、白鵬のトレーナーだった方の本も、じっくり読みました。

いちファンとしても、学ぶことが多い関取です。

 

_/_/

 

そんな白鵬、そして、やはり力の衰えは否定できない白鵬ですが、まだまだ活躍できるハズです。

イギリスの賭けの会社では、大相撲も扱っているとか。

そこで、今回の優勝可能性が一番高いと見ているのが白鵬なんだそうです。

するどいですね♪

 

_/_/

 

そして、稀勢の里を除く、白鵬、鶴竜、日馬富士の3横綱で、最後まで優勝を争ってもらいたいです。

 

高安、大関昇進をゲットせよ!

 

もう一つの期待は、高安の大関昇進です。

先々場所、先場所と2桁勝利を重ねてきたので、「3場所で33勝が大関昇進ライン」と言われている33勝までは、残り10勝です。

 

しかし、大関昇進後の活躍に繋げるためにも、前述した3横綱の優勝争い〜白鵬、鶴竜、日馬富士〜に一枚食い込んで欲しいです。

 

一番嬉しい状況は、千秋楽で白鵬と高安が相星で優勝決定戦となることです。

 

_/_/

 

「10勝」ですけど、10日目に決めてくださいね♪

 

まとめ

 

期待することをもう一度。

  1. 横綱・白鵬の38回目の幕内優勝。
  2. 関脇・高安が10勝以上をあげて大関昇進を決める。
  3. 横綱・稀勢の里が怪我を悪化させずに15日終える。

 

これって3つ同時に実現可能なんです。

なので、その3つ同時に実現を、強く、強く願っています。

※アイキャッチ画像の出典:チケット大相撲


<スポンサーリンク>