<スポンサーリンク>


2017年5月場所、中日を終えて、注目している稀勢の里、白鵬、高安の8日間を振りかえります。

そして、いよいよ後半戦に入るあけですが、5月場所の優勝について考えてみますね♪



8日間が終わって8連勝は…


  • 横綱・白鵬
  • 横綱・日馬富士

 

この2横綱だけです。

高安は6日目に、同じ関脇の玉鷲に完敗で黒星。

1敗に退きます。

 

でも、この3関取のなかから優勝者が出る可能性は、とても高いですね。


稀勢の里の8日間


稀勢の里、中日終わって、6勝2敗です。

ギリ、優勝争いに残っているかな…という感じなのですが、サイト管理人としては、怪我の悪化が怖いので、あまり頑張って欲しくないです。

 

  • 初 日:負〜小結・嘉風
  • 2日目:勝〜前頭2・隠岐の海
  • 3日目:勝〜前頭筆頭・千代の国
  • 4日目:負〜前頭筆頭・遠藤
  • 5日目:勝〜前頭2・千代翔馬
  • 6日目:勝〜前頭3・大栄翔
  • 7日目:勝〜小結・御嶽海
  • 中 日:勝〜前頭3・碧山

 

5日目からの4連勝は大きいですね。

とくに、7日目、中日は長い取組となりましたが、それなりに、怪我をしている左手を使うことが出来ました。

怪我の具合も徐々に良くなってきているのかもしれません。

でも油断大敵です。

しつこいですが…頑張り過ぎないでください。


白鵬の8日間


負け無しの8連勝、中日全勝ターンです。

本割で調整しているかのごとく、日に日に強くなってきている感じです。

さすが、経験量抜群の横綱です。

 



<スポンサーリンク>


  • 初 日:勝〜前頭筆頭・千代の国
  • 2日目:勝〜小結・嘉風
  • 3日目:勝〜前頭2・千代翔馬
  • 4日目:勝〜前頭2・隠岐の海
  • 5日目:勝〜小結・御嶽海
  • 6日目:勝〜前頭筆頭・遠藤
  • 7日目:勝〜前頭3・大栄翔
  • 中 日:勝〜関脇・琴奨菊

 

初日の千代の国線では、土俵際で足が揃ってパタリと倒れ心配しました。

「足が出ない」は致命傷ですから。

でも、日に日に強さを増して、そんな心配もなくなりました。

そういうこともあり、サイト管理人が中日まで見たなかで、優勝争いで一抜けしそうだと思っているのが白鵬です。

そして、白鵬にとって、終盤に立ちはだかるのは、日馬富士と稀勢の里。

この2横綱を破って38回目幕内優勝を勝ち取れるか!?


高安の8日間


高安は6日目、まさかの玉鷲に黒星を喫しましたが、中日で7勝1敗と好調は続いています。

 

  • 初 日:勝〜前頭3・大栄翔
  • 2日目:勝〜大関・豪栄道
  • 3日目:勝〜関脇・琴奨菊
  • 4日目:勝〜小結・御嶽海
  • 5日目:勝〜前頭筆頭・遠藤
  • 6日目:負〜関脇・玉鷲
  • 7日目:勝〜前頭2・千代翔馬
  • 中 日:勝〜小結・嘉風

 

優勝を狙う関取にとって、連敗しないことが大切です。

6日の黒星のあとの連勝は高安にとって価値があります。

終盤まで1敗を守り切れば、優勝可能性もぐっと高まります。


もう1人の中日全勝ターン〜日馬富士


満身創痍状態の日馬富士ですが、低く鋭い立ち会いをずっとキープしています。

あれに勝てる関取はなかなかいない。

だから、終わってみれば納得の中日全勝ターンです。

白鵬、高安にとって、かなりやっかいな相手であることは間違いありません。


まとめ


中盤を終える9日目、10日目を星を落とすことなく無事終えれば、稀勢の里、白鵬、高安の優勝争いは、ますます面白くなります。

 

稀勢の里には無理して欲しくないですけど、2桁はキープして欲しいですね。

 

9日目、10日目の展開がドキドキです。



<スポンサーリンク>