<スポンサーリンク>


3月場所、まだ7日目だというのにトップを走る、つまり初日からの連勝は2人になってしまいました。

しかも、同部屋の2人です。

そう、もちろん稀勢の里、そして、高安ですね♪
 

7日目が終わりトップは2人に!!


15戦全勝の稀勢の里と高安が優勝決定戦で争う!?

これが現実になるかもしれません。

大相撲3月場所は、7日目が終わり次のようになっています。

以下に列挙した13力士のなかで、圧倒的な強さを見せているのが稀勢の里と高安です。

_/_/

なお、稀勢の里と高安の好調を考慮すると、優勝ラインは「14勝1敗」or「15勝(全勝)」のいずれかではないでしょうか。

そうなると、<5勝2敗>ラインはアウトですね。

<7勝0敗>

  • 横綱・稀勢の里
  • 関脇・高安

<6勝1敗>

  • 大関・照ノ富士
  • 前頭10・栃煌山

<5勝2敗>



<スポンサーリンク>


  • 横綱・日馬富士
  • 横綱・鶴竜
  • 関脇・玉鷲
  • 関脇・琴奨菊
  • 前頭3・宝富士
  • 前頭6・千代の国
  • 前頭7・千代翔馬
  • 前頭8・隠岐の海
  • 前頭15・徳勝龍

中日全勝ターンをかけて…


稀勢の里と高安は、明日、「中日全勝ターン」を掛けて相撲を取ります。

  • 稀勢の里は、前頭3・松鳳山戦
  • 高安は、前頭筆頭・勢戦

です。

ここ7番の2人の相撲内容を見る限り、「中日全勝ターン」を実現する可能性は、ほぼほぼ100%です♪


2人の9日目以降の対戦相手は…


9日目以降の対戦相手と結果を勝手に予想しますね♪


横綱・稀勢の里


(勝)は稀勢の里の勝ちという意味です。

千秋楽本割を終えて、15勝(全勝)です。

※取り消し線は、後日修正です♪

  • (勝)09日目、前頭4・荒鷲関脇・琴奨菊
  • (勝)10日目、前頭4・嘉風
  • (勝)11日目、関脇・琴奨菊前頭4・荒鷲
  • (勝)12日目、関脇・玉鷲
  • (勝)13日目、大関・照ノ富士
  • (勝)14日目、横綱・日馬富士
  • (勝)千秋楽、横綱・鶴竜

関脇・高安


千秋楽本割を終えて、稀勢の里同様に15勝(全勝)です。

※取り消し線は、後日修正です♪

  • (勝)09日目、前頭4・嘉風前頭筆頭・豪風
  • (勝)10日目、前頭3・宝富士
  • (勝)11日目、横綱・日馬富士
  • (勝)12日目、横綱・鶴竜
  • (勝)13日目、前頭2・貴ノ岩
  • (勝)14日目、前頭筆頭・豪風前頭4・嘉風
  • (勝)千秋楽、関脇・玉鷲

まとめ


稀勢の里と高安の強さについては、別記事で「稀勢の里の7日間」「高安の7日間」というのを書きますね♪

_/_/

で、結論ですが、千秋楽本割りが終わって、同部屋での優勝決定戦となり、高安が勝ち、初優勝をします♪

※アイキャッチ画像の出典:アットエス


<スポンサーリンク>