<スポンサーリンク>


新横綱・稀勢の里が初日から7連勝です。

世間がまだほとんど話題にしませんけど、凄いことが起きています。

それは稀勢の里が先場所よりもひとまわりもふたまわりも強くなっているからです♪

しかも、弟弟子の関脇・高安とともに♪
 

6連勝、栃煌山に土!



6日目が終わって初日からの6連勝は3人でした。

  1. 横綱・稀勢の里(田子の浦部屋)
  2. 関脇・高安(田子の浦部屋)
  3. 前頭10・栃煌山(春日野部屋)

7日目、栃煌山の相手は前頭8・隠岐の海。

栃煌山、いいところなく押し出しで負けてしまいました。

一方、稀勢の里と高安は、文句の付けようがない取組で7連勝です♪

事件は田子の浦部屋で起きている!?



稀勢の里と高安の強さはホンモノです。

しかも、ともに先場所より、格段に強くなっています。

これは事件です!

そして、事件はきっと田子の浦部屋で起きているんです♪

_/_/

別記事で、田子の浦部屋で起きている事件(?)については書きますね♪♪

稀勢の里の破竹の7連勝について



稀勢の里の破竹の7連勝について、その軌跡をおいましょう。

初日、前頭筆頭・豪風〜押し出し



初日の相手は、幕内最年長37歳の豪風(たけかぜ)です。

_/_/

立ち会いは一瞬、豪風有利に見えました。

しかし、しっかり受けとめた稀勢の里。

下からあてがって数歩前に出ると、豪風が少し引きます。

するとそのときを逃さず稀勢の里が土俵外まで一直線。

豪風、なすすべもなく…。

2日目、小結・正代〜押し出し



2日目の相手は、先場所、関脇で負け越し小結に降格したものの、成長著しい若手のひとり正代(しょうだい・25歳)です。

_/_/

立ち会い、正代がおっつけで稀勢の里を数歩、土俵際近くまで後ずさりさせます。

「おっつけなら俺だぜ!」とばかりに、今度は、稀勢の里が得意の「左おっつけ」で反撃に出ます。

威力が違いすぎます。

あっという間に正代は土俵際まで追い込まれ、稀勢の里が最後のひと突き。

正代は土俵下に吹っ飛びます(>_<)

3日目、前頭3・貴ノ岩〜押し出し



3日目の相手は、先場所で白鵬も破り11勝4敗で殊勲賞を受賞した、ちょっと遅咲きの中堅・貴ノ岩(たかのいわ・27歳)です。

_/_/

立ち会い負けした貴ノ岩は、回り込んで稀勢の里に得意の左下手を取らせません。

とにかく果敢に動き回る貴ノ岩。

しかし、そのうち貴ノ岩のほうがエンスト気味になり、稀勢の里に追い込まれて土俵外に押し出されてしまいます。



<スポンサーリンク>


決着がついた瞬間、貴ノ岩はヘトヘト、力尽きたという状態でした。

4日目、前頭2・蒼国来〜寄り切り



4日目の相手は、相撲界追放から復帰したという過去を持つ、幕内唯一の中国出身力士・蒼国来(そうこくらい、33歳)です。

先場所初めての幕内2桁勝利&技能賞に輝いた遅咲きですが、3日目に横綱・日馬富士を破り、初金星を射止めているので、稀勢の里にとっても侮れない相手です。

_/_/

立ち会いはふわっとしたあたりの2人。

蒼国來はとまったらダメですから動き回ります。

しかし、稀勢の里に右上手を取られたら、万事休すです。

反撃すらできずに土俵を割ります。

5日目、前頭筆頭・勢〜寄り切り



5日目の相手は、稀勢の里と同年代で、過去14戦で1つも勝てていない勢(いきおい・30歳)です。

ただし、勢は過去最高位・関脇であり、少しずつ調子を戻し、今場所は前頭筆頭まで戻ってきました。

_/_/

立ち会い早めに、稀勢の里の左下手が入ります。

一端切れるも、また深めに左下手を取った稀勢の里。

勢は土俵を回りながら投げで応じるものの、どんどん体勢を悪くしていきます。

最後は、左下手をがっちり掴んだ稀勢の里が寄り切ります。

6日目、前頭3・宝富士〜寄り切り



6日目の相手は、稀勢の里と、これまた同年代の宝富士(たからふじ・30歳)です。

_/_/

立ち会い、廻しを取れないまでも左差しになった稀勢の里。

そのまま土俵際に追い込みます。

宝富士は、左下手を取るも万事休す。

なすすべもなく寄り切られてしまいます。

7日目、小結・御嶽海〜寄り切り



7日目の相手は、今一番の若手成長株、御嶽海(みたけうみ・24歳)です。

大学時代は学生横綱・アマチュア横綱として活躍し、大相撲界に入っても周囲の期待に違わず番付をどんどんあげてきました。

_/_/

立ち会い低くあたった御嶽海が、稀勢の里をいっきに土俵際近くまで追い込みます。

しかし、御嶽海の攻撃はそこまで。

今後は、逆に稀勢の里が一気の電車道で御嶽海を土俵の外に。

力量差がはっきりと出た一番でした。

まとめ


稀勢の里の7連勝を振りかえりました。

どの1番も危ないところはなかったです。

どの1番も横綱らしい取組内容でした。

3月場所は、稀勢の里に土がつくシーンが想像できないですね♪

全勝を期待しています♪
※アイキャッチ画像の出典:hochi.co.jp


<スポンサーリンク>