<スポンサーリンク>


3/12から始まる3月場所、その初日に注目する11番について書きます。

稀勢の里が新横綱で迎える初めての場所。

楽しみでなりません。

行き過ぎた予想はせずに、どちらかというと「こちらが有利」程度にします。
 

3月場所2日目、注目の9番

 

2日目に注目の9番は次の通りです。

なお、これはサイト管理人が注目している取組です。

以下、左が東、右が西です。

そして、特に注目しているのは下線を引いたほうの力士です。

また、以下の順番は取組順です。

  1. 大翔丸(前頭13)vs 宇良(前頭12)
  2. 栃ノ心(前頭10)vs 石浦(前頭11)
  3. 大栄翔(前頭11)vs 栃煌山(前頭10)
  4. 御嶽海(小結)vs 松鳳山(前頭3)
  5. 琴奨菊(関脇)vs 貴ノ岩(前頭2)
  6. 豪栄道(大関)vs 高安(関脇)
  7. 玉鷲(関脇)vs 照ノ富士(大関)
  8. 白鵬(横綱)vs 蒼国来(前頭2)
  9. 正代(小結)vs 稀勢の里(横綱)

 

大翔丸(前頭13)vs 宇良(前頭12)

 

過去対戦はなく、初顔合わせです。

_/_/

身長173cm同士の小兵関取対決。

ただし、大翔丸151kg、宇良128kgと体重差は少しあります。

大きな相手に柔軟な身体を十分に使って勝ってきた宇良。

同じ小兵に対しては、どう戦うのか楽しみです♪

 

栃ノ心(前頭10)vs 石浦(前頭11)

 

過去対戦は、石浦の0勝1敗です。

_/_/

宇良に続き、注目の小兵関取・石浦。

初日は低くあたりすぎました。

しかし、2日目は怪力の栃ノ心です。

離れてどうかき回すか…ですね♪

 

大栄翔(前頭11)vs 栃煌山(前頭10)

 

過去、大栄翔が1勝0敗です。

_/_/

確か記憶に間違いがなければ、幕内で唯一の埼玉県出身です。

相撲で有名な埼玉栄高校出身です。

だから、四股名に「栄」が就いているんですね。

追手風部屋3人衆〜遠藤、大翔丸、大栄翔〜として、場所を面白くして欲しいですね♪

 

御嶽海(小結)vs 松鳳山(前頭3)

 

過去の対戦は、御嶽海が4戦1勝3敗です。

_/_/

御嶽海、初日は、負けは喫したものの鶴竜相手にいい相撲を見せました。

とにかく、今場所で場所を引っかき回して、自らも優勝争いに残って、活躍してもらいたい関取の1人です♪

目指せ、大関、そして、その上♪♪

 

琴奨菊(関脇)vs 貴ノ岩(前頭2)

 



<スポンサーリンク>


過去の対戦はなし、初顔合わせです。

_/_/

下位力士にポロッと負けを喫するのが琴奨菊の悪い癖。

そういうポロッとが出るか出ないか。

それを占う大切な一番です。

成長著しい貴ノ岩の勝ち方次第で、10勝できるかどうかが、ある程度見えてくると思います。

 

豪栄道(大関)vs 高安(関脇)

 

過去は、高安が21戦13勝8敗です。

_/_/

豪栄道も応援していますが、それ以上に高安を応援しています♪

初日の取組だけで判断すると、高安のほうが調子がいいと判断できます。

そして、この対戦で大関を破れば、高安の好調もホンモノです♪♪

 

玉鷲(関脇)vs 照ノ富士(大関)

 

過去、照ノ富士が7戦4勝3敗です。

_/_/

琴奨菊に10勝以上をあげてもらい大関復帰してもらうことを強く望んでいます。

それと同じくらい、照ノ富士にカド番脱出してもらいたいです。

中日までの取りこぼしをなくすこと、それに尽きます。

モンゴル対決ですが、照ノ富士のほうが格上ですから、好調とはいえ玉鷲を撃破してもらいたいです♪

 

白鵬(横綱)vs 蒼国来(前頭2)

 

過去は対戦なし、初顔合わせです。

_/_/

初日の白鵬の黒星はショックでした。

白鵬には、あの衝撃を早く忘れ去り、上り調子の蒼国來を破って調子を整えて欲しいところです。

初日黒星発進で千秋楽には優勝を遂げていたこと、白鵬は、これまでも何度もあります。

なので、千秋楽までの優勝争いを期待しています♪

 

正代(小結)vs 稀勢の里(横綱)

 

過去は、稀勢の里が5戦4勝1敗です。

_/_/

稀勢の里には、「横綱だから」とあまり力まずに、先場所のように挑戦者的姿勢でやって欲しいところです。

そして、とにかく「中日全勝リターン」を最初のゴールとして白星を重ねていけば、必ず師匠の横綱・隆の里のデジャヴを実現できるハズです♪♪

 

まとめ

考えすぎかもしれませんが、初日の4横綱の取組を観ると心配です。

稀勢の里以外は、予想外に黒星を重ねるのではないか…と。

そんななかで稀勢の里が優勝を果たしても価値が下がってしまいます。

せっかくの4横綱時代ですから、4横綱が終盤まで優勝争いを続けることが、大相撲興隆にとって必要なことだと思います。

ぜひ、そうなることを願います。

なので、上記の注目に入れなかった、日馬富士と鶴竜にも頑張っていただきたい♪

※アイキャッチ画像の出典:スポーツナビライブ・口コミ・評判


<スポンサーリンク>