<スポンサーリンク>


横綱・稀勢の里、3月場所での「新横綱V」を予想します。

サイト管理人・クロスケの予想は、14勝1敗で「新横綱V」達成(^^)/

それを占うため、3月場所で対戦するであろう15力士との過去対戦成績を調べます♪

なお、対戦相手特定は、サイト管理人・クロスケの番付予想でやりました♪♪

過去対戦などから1日毎の勝敗を予想します。

なお、サイト管理人・クロスケの3月場所番付予想記事はこちらです。



横綱・稀勢の里、3月場所での「新横綱V」を予想します。

サイト管理人・クロスケの予想は、14勝1敗で「新横綱V」達成(^^)/

それを占うため、3月場所で対戦するであろう15力士との過去対戦成績を調べます♪


3月場所の番付予想から3月場所の対戦相手を予想します♪


2/1に記事アップした3月場所番付予想はこちらです。


この番付予想については、初場所の番付&成績から、かなり機械的に予想した結果です。

そして、新横綱・稀勢の里が対戦する相手は、同部屋の高安を除く15力士です。

具体的には、次の15力士です。

  1. 東横綱1・白鵬(番付はクロスケ予想です、以下同じ)
  2. 西横綱1・鶴竜
  3. 東横綱2・日馬富士
  4. 東大関・豪栄道
  5. 西大関・照ノ富士
  6. 東関脇1・玉鷲
  7. 東関脇2・琴奨菊
  8. 東小結・御嶽海
  9. 西小結・正代
  10. 東前頭1・豪風
  11. 西前頭1・蒼国来
  12. 東前頭2・勢
  13. 西前頭2・貴ノ岩
  14. 東前頭3・宝富士
  15. 西前頭3・松鳳山

もちろん、前頭4枚目以降に活躍著しい力士がいれば稀勢の里との対戦もあり得ますが、現状では、それを予想できません。

なので、本記事においては、前述の15力士を対象に過去対戦を調べることにします。


3月場所の対戦相手との過去対戦成績と勝敗予想♪


それでは、過去対戦成績から大胆に勝敗予想をします。

前述の15力士の降順に取組が展開すると仮定します。

つまり、稀勢の里の初日の相手は、西前頭3・松鳳山というわけです。


【初日、西前頭3・松鳳山戦】

  • 稀勢の里の勝ち、1勝0敗
    • 過去対戦は12戦10勝2敗で稀勢の里優勢。
    • 2017年初場所は稀勢の里が「突き落とし」で勝ち。
    • 2016年11月場所は対戦なし。

【2日目、東前頭3・宝富士】

  • 稀勢の里の勝ち、2勝0敗
    • 過去対戦は16戦15勝1敗で稀勢の里優勢。
    • 2017年初場所は稀勢の里が「寄り切り」で勝ち。
    • 2016年11月場所も稀勢の里が「寄り切り」で勝ち。

【3日目、西前頭2・貴ノ岩】

  • 稀勢の里の勝ち、3勝0敗
    • 過去対戦は1戦1勝で稀勢の里優勢。
    • 2017年初場所は初顔合わせで稀勢の里が「寄り切り」で勝ち。
    • 日本大相撲トーナメント決勝戦では稀勢の里が「首投げ」で勝ち。

【4日目、東前頭2・勢】

  • 稀勢の里の勝ち、4勝0敗
    • 過去対戦は14戦14勝で稀勢の里圧倒。
    • 2017年初場所は稀勢の里が「寄り切り」で勝ち。
    • 2016年11月場所は対戦なし。

【5日目、西前頭1・蒼国来】

5日目が終わって、優勝争いは数人の力士に絞られてくるでしょう。

  • 稀勢の里の勝ち、5勝0敗
    • 過去対戦なし。

【6日目、東前頭1・豪風】

  • 稀勢の里の勝ち、6勝0敗
    • 過去対戦は25戦20勝5敗で稀勢の里優勢。
    • ここ1年は対戦なし。

【7日目、西小結・正代】



<スポンサーリンク>


  • 稀勢の里の勝ち、7勝0敗
    • 過去対戦は5戦4勝1敗で稀勢の里優勢。
    • 2017年初場所は稀勢の里が「極め出し」で勝ち。
    • 2016年11場所は稀勢の里が「押し出し」で負け。

【中日、東小結・御嶽海】

稀勢の里が中日全勝リターンをすれば、新横綱Vは可能性70%以上!?

サイト管理人・クロスケは、中日全勝リターンは、白鵬と稀勢の里の2人のみと予想します!!

  • 稀勢の里の勝ち、8勝0敗
    • 過去対戦は3戦3勝で稀勢の里圧倒。
    • 2017年初場所は稀勢の里が「寄り切り」で勝ち。
    • 2016年11月場所は稀勢の里が「寄り切り」で勝ち。

【9日目、東関脇2・琴奨菊】

2017年初場所9日目のデジャブです(>_<)

大関復帰を狙う琴奨菊、きっとそれを果たすので勢いがあると予想します。

勢いがある琴奨菊に稀勢の里は…なかなか勝てない(>_<)

  • 稀勢の里の負け、8勝1敗
    • 過去対戦は62戦29勝33敗で稀勢の里負け越し。
    • 2017年初場所は稀勢の里が「寄り切り」で負け。
    • 2016年11月場所は稀勢の里が「寄り切り」で勝ち。

【10日目、西関脇1・玉鷲】

  • 稀勢の里の勝ち、9勝1敗
    • 過去対戦は8戦8勝で稀勢の里圧倒。
    • 2017年初場所は稀勢の里が「押し出し」で勝ち。
    • 2016年11月場所は稀勢の里が「寄り切り」で勝ち。

【11日目、西大関・照ノ富士】

  • 稀勢の里の勝ち、10勝1敗
    • 過去対戦は14戦11勝3敗で稀勢の里優勢。
    • 2017年初場所は稀勢の里が「寄り切り」で勝ち。
    • 2016年11月場所は稀勢の里が「寄り切り」で勝ち。

【12日目、東大関・豪栄道】

  • 稀勢の里の勝ち、11勝1敗
    • 過去対戦は40戦26勝14敗で稀勢の里優勢。
    • 2017年初場所は稀勢の里が「不戦勝」で勝ち。
    • 2016年11月場所は稀勢の里が「突き落とし」で勝ち。

【13日目、東横綱2・日馬富士】

  • 稀勢の里の勝ち、12勝1敗
    • 過去対戦は43戦15勝28敗で稀勢の里が大きく負け越し。
    • 2017年初場所は、日馬富士休場につき対戦なし。
    • 2016年11月場所は稀勢の里が「寄り切り」で勝ち。

【14日目、西横綱1・鶴竜】

  • 稀勢の里の勝ち、13勝1敗
    • 過去対戦は48戦31勝17敗で稀勢の里が勝ち越し。
    • 2017年初場所は、鶴竜休場で対戦なし。
    • 2016年11月は稀勢の里が「小手投げ」で勝ち。

【千秋楽、東横綱1・白鵬】

サイト管理人・クロスケの予想は、千秋楽まで白鵬と稀勢の里が13勝1敗でトップ併走。

ちなみに白鵬の1敗は、琴奨菊です♪

優勝の行方は千秋楽の直接対決に…というドラマのような展開に(^_-)

実は、稀勢の里、直近3つの対戦で3連勝しているんです。

  • 稀勢の里の勝ち、14勝1敗
  • 稀勢の里、「新横綱V」達成!!
    • 過去対戦は59戦16勝43敗と稀勢の里が大きく負け越し。
    • 2017年初場所は稀勢の里が「掬い投げ」で勝ち。
    • 2016年11月場所は稀勢の里が「寄り切り」で勝ち。

3月場所予想のまとめ


なんという虫の良すぎる予想だとお思いでしょうか。

3月場所、各力士が万全の体制で臨むという前提で考えました。

そうなると、過去対戦、そして、直近2場所くらいの対戦結果が重要な判断となります。

そんなことから、予想を導き出しました。

そりゃぁ、妄想だぁ…なんて言われても、意見変えません(^_-)

_/_/

ところで、稀勢の里はこれまで前頭の下位力士に「ポロッと負け」しちゃうのが難点でした。

なので、横綱になったらそういう「ポロッと負け」がなくなるというのが、本予想の大前提です(^^)/

※冒頭の画像出典:hochi.co.jp


<スポンサーリンク>