<スポンサーリンク>


横綱・白鵬の著作2冊の紹介と、稀勢の里の著作本が欲しいよ〜ということを書きます♪

何回も言っていますが、サイト管理人・クロスケは白鵬と稀勢の里のファンです♪♪

だから、稀勢の里に白鵬のこの2冊のような本を出して欲しいんですよね。
 

まず、2冊の概略を紹介ね

 

2冊とも、口述を元に作られた著作みたいです♪

 

『相撲よ!』白鵬翔著

  • 2010年9月10日、初版発行
  • 角川書店刊行
  • 帯コピー
    • 大横綱 白鵬、思いのすべてを語る。
    • 初の著書、緊急出版
  • 内容概略
    • 白鵬少年が来日し、相撲界で横綱まで成長するまでが詳細に書かれています。
    • また、後半で横綱として伝統を継承する覚悟などについても言及しています。

 

『勝ち抜く力』白鵬翔著

  • 2015年2月28日、初版発行
  • 悟空出版刊行
  • 帯コピー
    • 祝!最多優勝記念33回達成
    • 歴代最強。
  • 内容概略
    • 1985年誕生から、2014年11月場所の幕内33回優勝まで、時系列で場所毎にいろいろなことが書いてあります。
    • 全体は8章に分けて書いてあります。
    • サイト管理人・クロスケが一番気に入っているのは、巻末付録の「白鵬全取組の記録」です♪

 

『相撲よ!』の紹介

 

目次詳細ではなく、各章のタイトルだけ、まず紹介しますね。

目次

  • 第一章 日本の国へ
  • 第二章 モンゴルの英雄
  • 第三章 運命の絆
  • 第四章 相撲の道
  • 第五章 伝統の継承

(『相撲よ!』白鵬翔著より)

 

著書は、2010年7月場所の千秋楽結びの一番、横綱・白鵬と大関・把瑠都との闘いから始まります。

白鵬が史上初の3場所連続の全勝優勝を決めるかが、この取組にかかっていたのです。

ちなみに、白鵬は、みごとこれに勝ち、3場所連続全勝優勝を決めますが、これだけで終わりませんでした。

翌場所も連続の全勝優勝をおさめ、2010年11月場所には、いよいよ双葉山の69連勝を越えるかという挑戦に向かうのです。

_/_/

第1章は、2010年、日本の地を踏んだもやしのような少年(のちの白鵬)の話です。

あまりにも小さく細い少年だったので、入門の声が最後までかかりませんでした。

それを救ってくれたのがモンゴルの先輩・旭鷲山と熊ヶ谷親方(現・宮城野親方)です。

第2章は、モンゴルの英雄である白鵬の父のことなどが語られています。

第3章は、白鵬の恩人、そして、奥様との出遭いなどが語られています。

第4章は、横綱になった白鵬が、横綱の立場から考える「相撲道」について語られています。

第5章は、白鵬が夢の中で双葉山に出遭った話からはじまり、白鵬が考える相撲をどう伝え残すかということが語られています。

 

白鵬のことを、品格がどうのこうのと批判する向きがあります。



<スポンサーリンク>


仏ではないのですから、感情に起伏があるのは当然で、良くない部分を切り取れば、誰でも批判の対象になってしまいます。

ただ、著作を読むと、いろいろ苦悩しながらも一所懸命に相撲道に邁進していることが伝わってきます。

日本の伝統に、これだけ真剣に関わってくれていることに、感謝です♪

 

『勝ち抜く力』の紹介

 

目次詳細ではなく、各章のタイトルだけ、まず紹介しますね。

目次

  • 第一章 揺籃編(来日まで)
  • 第二章 星雲編(入門から2004年3月場所まで)
  • 第三章 苦闘編(2007年5月場所まで)
  • 第四章 激闘編(2009年5月場所まで)
  • 第五章 怒濤編(2011年初場所まで)
  • 第六章 飛躍編(2012年11月場所まで)
  • 第七章 昇龍編(2013年11月場所まで)
  • 第八章 開悟編(2014年11月場所まで)
  • 巻末資料「白鵬全取組記録」

(  )内はサイト管理人の注記

(『勝ち抜く力』より)

それぞれの章は、場所を中心に時系列で展開していきます。

すでに書きましたが、サイト管理人・クロスケが一番気に入っているのが巻末資料。

「白鵬全取組記録」なんです。

これがいろんな切り口から分析すると面白い、面白い。

画像載せますね。

 

 

まとめ

 

白鵬の著作2冊を紹介しました。

で、本題は…このような著作を稀勢の里にも出して欲しいよ〜〜ということです。

絶対、売れると思うんですけどね(^_-)

大相撲界ではガチンコ力士&ちょっと変人と言われている稀勢の里。

口述で構わないから本にしたら、その人となりに惹かれるファンが続出するのでは♪

※アイキャッチ画像等の出典:セルフ撮影

 


<スポンサーリンク>