<スポンサーリンク>


2017年1月場所中(14日目)に来場所の番付予想をしました。

今回は、予想番付最終バージョンです。

かなり1月場所の番付と成績から、かなり機械的に予想してみました。

十両からの入幕は5力士です。

つまり、十両降格も5力士です。

予想番付は次の通りです♪


2017年3月場所、予想番付


ちなみに、十両への降格予想は次の5力士です。

  1. 東前頭13・臥牙丸 (5勝10敗)
  2. 東前頭14・千代鳳 (6勝9敗)
  3. 西前頭14・千代大龍(6勝9敗)
  4. 東前頭15・千代皇 (7勝8敗)
  5. 東前頭16・大砂嵐 (4勝11敗)

九重部屋は初場所、前頭5力士だったのですが、3力士が十両になってしまいました。

めげずに、頑張ってください♪

以下、注記です。

  • 以上、作成者は、当サイト管理人・クロスケです。
  • 当予想番付は、あくまでも個人予想です。
  • 上表の注記で「宇良のみ新入幕」というのは間違いです。
  • 阿武咲(おうのしょう)も新入幕です。

予想番付を見て、期待することなど


入幕力士の大栄翔と宇良

 

サイト管理人・クロスケは以前から大栄翔のファンです。

十両優勝で、また戻ってきてもらって嬉しいです。

宇良と2人で、大活躍して欲しいものです。

まずは、2人の勝ち越し!!!


若手&ベテランの活躍

 

一番活躍を期待しているのは、関脇・高安です。

目指せ大関!!!!

次に、小結・御獄海、小結・正代に期待です。



<スポンサーリンク>


御獄海は新関脇昇進を目指し、そして、正代は関脇復活を目指し、2桁の勝ち星を実現して欲しいですね。

あとは、前頭2・貴ノ岩ですね。

貴ノ岩なら、すぐにでも三役を狙える。

だからこその勝ち越しですね。

_/_/

次にベテランへの期待。

関脇・玉鷲、前頭筆頭・豪風、前頭筆頭・蒼国來。

この3人が活躍すると、3月場所は面白くなりますよっ!!


一番の期待はもちろん!!

 

サイト管理人・クロスケは白鵬と稀勢の里の大ファンです。

なので、3月場所も最後まで、この2横綱が優勝争いをして、千秋楽で決着するパターンを望んでいます。

どちらかというと、稀勢の里の新横綱でのいきなりの優勝を一番期待しています♪


新番付予想をしてみてのまとめ


心配事が1つ。

それは日馬富士と鶴竜です。

2場所連続の途中休場は、横綱生命に繋がるので、怪我の状況によっては、2人とも休場になることもあるのかも。

せっかくの4横綱体制なので、4人がしのぎを削る場所を見たいのですが…。

※アイキャッチ画像の出典:zakzak.co.jp

 


<スポンサーリンク>