<スポンサーリンク>


モンゴル人3横綱は大相撲界の宝ですっ!という記事を書きます。

稀勢の里の初優勝以来、ずっと、稀勢の里ばかりに注目が集まっています。

反面、モンゴル人3横綱に対してはネガティブなコメントが…。
 

朝青龍からのモンゴル人横綱の流れ


2002年11月場所、2003年初場所と2連続幕内優勝となり、朝青龍は22歳3ヶ月で第68代横綱に昇進します。

横綱としての本場所は2003年3月場所から。

この2003年3月場所は、横綱・貴乃花が引退し、朝青龍は横綱昇進すると、武蔵丸と2横綱体制で大相撲界をひっぱることになりました。

その武蔵丸も同年11月に引退し、朝青龍は1人横綱となります。

_/_/

その後、2007年7月場所から白鵬が横綱となり、2人横綱体制になりますが、朝青龍は2010年3月に引退。

ここから2年9ヶ月、白鵬は1人横綱として大相撲界を守り抜きます。

とくに、東日本大震災や八百長問題などで揺れ動いた2011年も、1人横綱をしっかり務めます。

_/_/

その後、2012年11月場所に日馬富士が、2014年5月場所に鶴竜が横綱に加わり、モンゴル人3横綱体制となります。

そして、今現在もこの3横綱がしっかりと大相撲界を牽引しているわけです。


2014年〜2016年の3年間の3横綱の活躍


ここ数年、3横綱の勢いが衰えてきていると見聞きしますが、どうして、どうして。

ここ3年間の3横綱の活躍を見ると、やっぱり凄いんです。

白鵬だけでなく、鶴竜も日馬富士もね♪

以下の記事では、直近3年間でのモンゴル人3横綱の活躍は、やっぱり凄かったねということを確認させてくださいね♪



<スポンサーリンク>



2014年

6場所の優勝者は…

  • 初 場 所:白  鵬
    • 14勝1敗
  • 03月場所:鶴  竜
    • 14勝1敗(当時・大関)
  • 05月場所:白  鵬
    • 14書1敗
  • 07月場所:白  鵬
    • 13勝2敗
  • 09月場所:白  鵬
    • 14勝1敗
  • 11月場所:白  鵬
    • 14勝1敗

6場所中5場所幕内優勝の白鵬は、超人です(^_-)

 

3横綱+大関稀勢の里の年間成績

  • 白  鵬、81勝 9敗
    • 勝率 .900、年間最多勝
    • 幕内優勝5回
  • 鶴  竜、68勝22敗
    • 勝率 .755
    • 幕内優勝1回
  • 日馬富士、47勝18敗25休
    • 勝率 .522
    • 15日間全休場1場所、途中休場1場所
  • 稀勢の里、58勝32敗
    • 勝率 .644

白鵬の勝率「.900」は凄すぎです!!


2015年

6場所の優勝者は…

  • 初 場 所:白  鵬
    • 15勝0敗
  • 03月場所:白  鵬
    • 14勝1敗
  • 05月場所:照ノ富士
    •  12書3敗
    • 照ノ富士は大関
  • 07月場所:白  鵬
    • 14勝1敗
  • 09月場所:鶴  竜
    • 12勝3敗
  • 11月場所:日馬富士
    • 13勝2敗

2014年に続き、2015年も6場所の幕内優勝者は全てモンゴル人力士でした(^_-)

 

3横綱+大関稀勢の里の年間成績

  • 白  鵬、66勝12敗12休
    • 勝率 .733、年間最多勝
    • 幕内優勝3回
    • 15日間全休場1場所
  • 鶴  竜、43勝18敗29休
    • 勝率 .478
    • 幕内優勝1回
    • 15日間全休場1場所、途中休場1場所
  • 日馬富士、46勝16敗28休
    • 勝率 .511
    • 幕内優勝1回
    • 15日間全休場1場所、途中休場1場所
  • 稀勢の里、62勝28敗
    • 勝率 .689

白鵬、2015年は休場もあり、白鵬陰りありという印象を強く持ちましたが、それでも年間3回の幕内優勝、年間最多勝です。

化け物級の強さから、フツーの強すぎる横綱に変わっただけですね♪

鶴竜も日馬富士も2回ずつの休場はあるものの、しっかり1回ずつ幕内優勝をしています。


2016年

6場所の優勝者は…

  • 初 場 所:琴奨菊
    • 14勝1敗
    • 琴奨菊は大関
  • 03月場所:白  鵬
    • 14勝1敗
  • 05月場所:白  鵬
    •  15書0敗
  • 07月場所:日馬富士
    • 13勝2敗
  • 09月場所:豪栄道
    • 15勝0敗
  • 11月場所:鶴  竜
    • 14勝1敗

他の記事でも書きましたが、初場所での琴奨菊の初優勝が、稀勢の里の初優勝&横綱昇進に結びつきました。

その記事はこちらです♪

 

3横綱+大関稀勢の里の年間成績

  • 白  鵬、62勝13敗15休
    • 勝率 .689
    • 幕内優勝2回
    • 15日間全休場1場所
  • 鶴  竜、57勝22敗11休
    • 勝率 .633
    • 幕内優勝1回
    • 途中休場1場所
  • 日馬富士、67勝23敗
    • 勝率 .744
    • 幕内優勝1回
  • 稀勢の里、69勝21敗
    • 勝率 .767、年間最多勝

まとめ モンゴル人3横綱は凄いです!!!


このところ、横綱の休場が目立ちますが、それでも3横綱ともに、毎年しっかり優勝を決めてくる。

力はまだまだあるわけです。

そして、3年間、しっかりモンゴル人3横綱が大相撲界を引っ張ってきたことは確かな事実です。

だから、朝青龍を含めたモンゴル人4横綱、そして、他のモンゴル人力士たちは、全員が大相撲界興隆の功労者ですね。

サンクスですっ!!!

※アイキャッチ画像の出典:m.sponichi.co.jp


<スポンサーリンク>