<スポンサーリンク>


稀勢の里が初優勝して横綱昇進。

この変化がもたらした稀勢の里フィーバーのパワーは凄いという記事を書きます。

みんな、稀勢の里の新横綱V(新横綱での3月場所優勝)を期待しているのでしょう。

明治神宮での奉納の土俵入りに集まった人数も、成田山新新寺での豆まきに集まった人数も凄かったですね。

でも、稀勢の里フィーバーはそれだけじゃなかった。

日本大相撲トーナメント初優勝で稀勢の里フィーバー再点火!?

 

2/5(日)に行われた日本大相撲トーナメント第41回大会。

主催はフジテレビ、場所は両国国技館です。

そして、その幕内トーナメントの優勝者は、初場所初優勝し、そして、横綱に昇進した稀勢の里でした。

場所の違いはあるものの「連続優勝」を果たしたわけです。

初場所初優勝から始まった稀勢の里フィーバーです。

それから2週間での「連続優勝」ですから、この稀勢の里フィーバー、再点火しちゃいましたね(^^)/

で、この流れで「3月場所を見るぞ!」と勢い込んで、チケットを買おうとした人。

残念でした、買えなかったのです(>_<)

というのは…

 

3月チケットが買えない!?

 

このところ、大相撲は盛況でチケットも完売が続いている模様です。

昨年の3月場所(大阪場所)も完売しましたが、それは初日の数日前でした。

しかし…

_/_/

3月場所は、3/21からエディオンアリーナ大阪(大阪府立体育館)で行われます。

そのチケット前売りが、2/5から始まりました。

それがなんと…

  • 2時間半で完売

なんだそうです。

前述の日本大相撲トーナメントもチケット完売したのです。



<スポンサーリンク>


日本大相撲トーナメントのような「花相撲」(臨時興行)でのチケット完売は珍しい。

1990年代に起こった貴乃花&若乃花兄弟横綱のときのフィーバーと匹敵するほどなんだとか。

 

新横綱Vを果たせるかどうか

 

これまで新横綱で初めて迎える場所で優勝したのは7人なんだとか。

今のような年6場所体制になってからは、新横綱Vを果たしたのは3横綱だけです。

それは…

  • 大鵬
  • 貴乃花
  • 隆の里(稀勢の里の先代師匠!!)

これを見ただけでも、新横綱Vがどれほど大変か判ります。

でも、先代師匠・鳴門親方(隆の里)がそれをやってのけているわけで…。

稀勢の里にできないわけがない!?

大相撲ファンの期待は膨らみます(^^)/

 

稀勢の里フィーバーのまとめ

 

若くして横綱になった貴乃花や北の湖たちは、横綱在位が長く、優勝回数もたくさん重ねて大活躍しました。

一方、30歳で横綱昇進を果たした稀勢の里。

過去の横綱在位から見ると、横綱としての賞味期間(?)は3年くらいかもしれません。

しかし!!!

「早熟&晩成」を自他共に認める稀勢の里ですから、かなり長く活躍してくれるんじゃないかと期待しています。

つまり、横綱昇進まで幕内優勝1回しかありませんでしたが、横綱になってから幕内優勝をどんどん重ねてくれるんじゃないかと…。

まずは、横綱での優勝の1つ目をいつ勝ち取るか。

やっぱり、3月場所ですよね。

大相撲ファン総意(?)の新横綱Vを実現めざして頑張れ、稀勢の里!!!

そして、目指せ幕内優勝2桁です♪♪

※アイキャッチ画像の出典:http://withnews.jp


<スポンサーリンク>